転職する場合に看護師求人サイトに確認してもらう項目

看護師が転職をする場合に希望先の情報で知りたいことはたくさんあります。 面接時にあれこれきくとイメージダウンになったりするかもしれません。

もしも看護師専門の転職求人サイトを利用する場合には 直接聞きにくいことを聞いてもらえば良いです。 ここでは、転職する場合に看護師求人サイトに確認してもらう項目をまとめてみましたので参考にしてみてください。

1番目は、看護師の平均年齢や男女構成比率やママさんナースの比率です。 どういった職場かを見極めるためのデータとして、これらは知っておきたいです。 そうすれば漠然としたイメージが思い浮かぶと思います。

2番目は、看護師の年間採用人数と離職人数に関してです。 採用人数が離職人数を上回っているならば健全な病院と考えられます。 離職人数の方が多ければ残業が増えたり休日出勤が増えたりする可能性があります。

3番目は、外来患者数・救急搬入数・ベッド稼働率・平均在院日数です。 これらの項目は病院の多忙レベルを判断する項目で忙し過ぎるのを避けたいからと同時に病院の収益性もチェックできます。 ベッド稼働率が50%としたら経営面から見て不安があります。

4番目は、残業の具体的な中身です。 残業とひとくちに言ってもいろいろなパターンがあります。 急患の場合は突発的ですが、委員会活動や勉強会などを勤務時間外にする場合もあります。 看護師不足のために業務が多くなって慢性的に残業が発生しているなら問題ありです。

5番目は、実際にどういった休日になっているかです。 求人票を見れば休日の制度や4週8休とか完全週休2日とかチェックできます。 けれども実際に休日出勤が多ければ話は別です。

お休みがとれるのかもしっかり確認

有給休暇の消化率はどの程度なのかとか希望休日は月に何日程度可能かなども確認しておきたいポイントです。 有給の消化がほとんどできていない病院ならば休日が多いとは言えません。

以上のように転職で失敗しないためには聞きにくいけれども重要なポイントを看護師専門の求人サイトの担当者に聞いてもらうといいです。

看護師のお役立ちサイト

看護師の求人転職活動のための情報サイトです。看護師が転職活動するにあたって、ありがちな悩みについて紹介しています。

助産師のやりがいと苦悩

仕事というものはどんなものでも簡単な仕事はありません。仕事という名前がつくと、そこに責任の重みが関ってくるからです。では、助産師の仕事の持つ「大変さ」を見ていきましょう。

まず助産師というのは赤ちゃんを取り上げるお仕事、というのが大前提にあります。出産は朝昼晩、いつ始まってもおかしくないものです。

また予定日で大体生まれる日にちは把握できても、実際その日にピッタリ出産されるかというとそんな単純なものではなく、早産になったり、予定日を越えてもママのお腹から出てこない赤ちゃんもいます。お産に必要な時間も人によって異なります。

安産の人もいれば、何時間も苦しい時間を過ごす難産の人もいるわけです。いつ生まれるか、いつ出産が終わるかわからないお産のサポートをするのが助産師になります。病気や怪我などの手術であれば予定や手術にかかる時間もわかりますが、助産師の場合はいつでもサポートできる体制をとっておく必要があるのです。

大病院であれば予定以上にお産に時間がかかったときは、次の時間帯の助産師とチェンジする場合もありますが、自分が担当している妊婦さんが出産の真っ最中だった場合は、やはり責任から退勤することは難しいと思います。

勿論責任だけではなく、今まで一緒に頑張ってきた妊婦さんとの絆や、これから生まれてくる新しい生命を取り上げることのやりがいだってあるでしょう。とはいえ、助産師さんは体力勝負なところがある仕事だといえそうです。

病院の中にある科目の中で、産科というのは珍しく明るい声が多い科目だといえます。赤ちゃんの鳴き声、「おめでとうございます」というお祝いの声、感動的な命の誕生を妊婦さんやご家族と一緒に味わえる職業が助産師です。

やりがいや充実感を味わえる職業に憧れ、助産師を目標に努力し続ける人もいると思います。とはいえ、出産は毎回嬉しいことだけしかないということではありません。

中には産声をあげられない赤ちゃんが生まれる事があります。周囲が喜びや祝いムードの中で、その悲しみはとても大きく感じられるものです。このようなとき、助産師は妊婦さんやご家族の心を穏やかにする必要があります。

命に関る職業というものは、自分の中にある死生観を大きく揺るがす職業です。苦しむこともあると思いますが、自分の中でその苦しみを昇華させ、これからの自分の糧にしていくことが大切になります。

助産師という職業は普段余り関ることのない職業のため、多くの人に専門性を解ってもらえる機会がありません。近頃は大きな病院で「助産師外来」を設けているところもありますが、妊婦さんの中には助産師さんではなく「医師」に受け持ってもらいたい、と考えている人もいます。

助産師の仕事や役割などを、世の中にもっと知ってもらう事が、これからの「助産師」という仕事を支える大きな力になっていくのではないでしょうか。

産業保健師に求められること

保健師という言葉を知っていても、産業保健師という職業を知らない人は多いのではないでしょうか。産業保健師というのは、企業や事業所を職場とし、そこで働く社員たちの健康を産業医とともにサポートする事で、安心して社員たちが働ける環境づくりを行うことを役目としてます。

会社で勤務するスタッフの応急医療を始め、定期健診などの健康サポート、時には保健的アドバイスもしますし、心のケアも保健師の業務内容です。

産業医の場合は労働安全衛生法にて50人以上の働き手の行き企業などであれば必ず選定する事が決まっていますが、産業保健師についてはそれがありません。

ですから産業保健師として企業で働くのはなかなか難しいとも言われています。300人以下の従業員が働く会社の場合は、ほとんどが産業保健師の配置を行っていないのが一般的です。

とはいえ最近の社会では産業構造が変わり、日本国内だけではなく世界規模での景気の影響を受ける事が増えてきました。不況も続いた事で、社会に出て働く人たちのメンタルに掛かるストレスは大変大きいです。

このような状況の中、企業は社員たちひとりひとりの心のケアや、生活習慣病対策、オーバーワークの軽減など、健康に働ける環境づくりに力を入れつつあります。会社にとって、会社で働く人たちというのは大切な資産なのです。

ひとりひとりの労働力があってこそ、会社は健全に動いていきますし、逆に労働力が落ちてしまうと損失が増えてしまいます。生産力をアップするには産業保健師の力を借り、働いている人たちの健康を助けていく事が重要な鍵となるのです。

中でもこれから産業保健師に期待されているのが、従業員たちの心のサポートだといわれています。仕事に関る漠然とした不安を覚える社員はどの企業でもパーセントほどいるといわれていて、無意識下に心に負担を感じている社員を足すと、その数は5パーセントにまで増えるようです。

毎日働いている場所から負荷を感じてしまうとそれがストレスになり、うつ病にまで発展する場合があります。

このように心に負担が生まれないような場を提供するためにも、産業保健師は率先して労働環境を整えたり、従業員や部署との間を円滑にまとめたり、精神的なケアを欲している社員をスムーズに職場に溶け込ませたりなどの、見えない形でのサポートを行っていく事が今後もっと求められていくのかもしれません。

助産師が感じる悩みとは

助産師さんは、新しい生命を取り上げることのできる特殊な職業です。感動ややりがいを味わえる職業の反面、ハードな業務と重労働が待っています。このような職業である助産師さんたちの悩みとは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

助産師の業務というと、出産時に妊婦さんを手助けするという印象が強いですが、実際にはもっとたくさんの役割があります。妊娠中の女性というのはとてもデリケートです。気分が塞ぎこんでしまうこともしばしば…。

そんなマタニティブルーの妊婦さんのメンタルをケアしてあげることや、出産を終えた後の妊婦さんの介抱まで、様々な仕事が助産師さんの肩に掛かっているわけです。

気持ち的にもスタミナ的にも大変なお仕事のため、今の環境のまま続けていくのに不安を感じている助産師さんも少なくありません。また重労働と吊り合わない報酬に悩みを抱えている助産師さんたちもいます。これらの悩みを少しでも軽くするための方法をふたつ程見てみましょう。

まずはスタミナ的な面は、ゆっくりと体を休めてあげる、といったことが効果的かもしれません。例えば整体やマッサージなどを受けるなど、体を楽にしてあげることで、仕事へのモチベーションがアップする可能性もあります。

そして報酬面になりますが、こちらは転職という方法もひとつの方法だと言えるでしょう。助産師の転職というのは、看護師と同様売り手市場となっていますので、それほど苦労することはありません。

働いている量とお給料がつり合わないことに不満を感じる場合は、今よりも自分らしく働くことのできる職場へ転職するのも良い方法なのです。

もしも転職を決意した場合は転職先を探すことになりますが、求人案件を探すのであれば、最近ではインターネットがお勧めの方法と言えます。看護師系の転職をサポートしてくれる、看護師転職サイトなどもオススメです。

パソコンだけではなくスマホからも閲覧できますので、時間に関係なく好きな場所で求人の確認が行えます。日本各地の求人情報が集まっているため、条件を絞って自分の理想に近い職場を見つける事ができるでしょう。

転職サポートサイトでは、専門のスタッフが面接対策などを一緒に考えてくれる場所もあるようです。求人と転職のサポートを同時に行ってくれる、看護師系の転職サイトを上手に利用して、今抱えている悩みを解消していきましょう。

ページの先頭へ