60歳以上の看護師が活躍する病院

看護師不足といわれる昨今、60歳以上の看護師が医療の現場で活躍していることは珍しくありません。経験を重ねた60歳以上の看護師を積極的に採用している病院も多いです。

60歳以上の人が看護師として働きたい場合は、やはり看護師求人サイトなどを利用するのが効率的ですが、パソコン操作や携帯操作が得意な人ばかりではないと思いますので、周囲の人が登録などをお手伝いしてあげるのがいいでしょう。

登録が済んだ後は、まず求人サイトのスタッフに、60歳以上でも勤務できる病院を希望していることを伝え、条件に合った病院を見つけてもらうことから始まります。

今まで勤務してきた病院が、60歳以上でも受け入れてくれる体制であればそのまま働くことは出来ますが、定年退職という形を取っている病院だったとしたら、看護師を続けたいケースでは転職先を見つけることが必要です。

看護師求人サイトにエントリーする事で求人のリストをチェックする事が可能になりますが、表には出ていないような求人も中にはあります。そのような情報も担当スタッフは紹介してくれますので、上手に利用する事がオススメです。

60歳以上の人が看護師を続けたいケースでは、他にも方法がいくつかあります。 例えば勤めている病院から、60歳以上でも受け入れてくれる病院を紹介してもらう、といったものです。

病院同士のつながりが必要となってきますから、必ず見つかるということはいえませんが、だめもとで勤務先の病院の担当者に話し、転職先があるかどうか尋ねてみるのもいいと思います。スムーズに行けば、転職先を紹介してもらえるでしょう。

またもしも周囲に60歳以上の一旦定年を迎えて再就職している看護師さんが存在している場合は、どのように転職先を見つけたのか話を伺ってみるのもためになります。ぜひ話を聞いて参考にしたものですよね。

60歳を迎えても看護師として勤務をしたい場合は、ほんの僅かですが、工夫が必要となります。 簡単にまとめてみると、看護師に特化した転職サイトに登録し担当スタッフと一緒にこつこつ探していく方法、勤務している病院で転職先を紹介してもらう方法、また60歳以上で再就職した看護師に経験談を伺う方法、などがお勧めの方法といえるでしょう。

60歳を超えても活躍している看護師は大勢います。地道に探していきましょう。

ページの先頭へ