看護師の夜勤との向き合い方

看護師さんの中には、夜勤がとにかく辛いという方は少なくありません。人間は脳がつかさどる体内時計にしたがって、昼間は目覚め、夜は睡眠に入るというメカニズムになっています。ですが夜勤をすることでこの睡眠サイクルが崩れてしまうわけです。

恐らく看護師さんであれば、一度は「夜勤がなければどれほどいいか」と思った経験があると思います。ですが入院患者のいる病棟看護師であれば、夜勤は看護師業務から切り離すことは不可能です。夜勤と上手に付き合っていく方法はないのでしょうか。

夜勤というのは日勤と比較すると相当少ないスタッフで回すことが通常です。そうなると一人が受け持つ責任も大きくなりますが、患者さんの容態が急に変わったり、急患が訪れたりなどとする事がない日は、普段の仕事よりも落ち着いて過ごせるケースもあります。

このような日が訪れたときは、「よし、看護研究を始めよう」「看護計画のチェックをしよう」など、自分の時間ができたんだ、といった感じに切り替えてしまうのがオススメです。いい意味で自分に思い込みをさせる、錯覚を起こさせてしまいます。上手くいくと、次回の夜勤はあれを実行しよう、といった感じに思う事が出来、夜勤もそんなに悪くないものだ、と考えられるようになるでしょう。

夜勤は夜勤の最中だけではなく、明けてもどっと疲れがやってきます。中でも急患が入院したり、体調が急に悪くなったりなどすると、心も体もぐったりです。家に帰ってすぐ寝たい、そう思うと思いますが、夜勤明けにご褒美を作ってあげることによって、夜勤明けの日は楽しい時間へと変化します。

例えば夜勤が終わった後はそのままエステや整体に行って体をほぐしてもらったり、思い切って日帰り温泉で疲れを癒すのもいいでしょう。夜勤があったからこそこのあと24時間以上のリラックスタイムを入手できるのです。勿論その日の疲れの度合いにもよりますが、たまにでもご褒美を味わえる事で夜勤明けへの心持ちは変わってきます。

生活サイクルの乱れに関しては、体の中にある時計を修正していく事が重要です。夜勤の次の日には、太陽とともに目覚め、朝ご飯をきちんと食べます。簡単な運動で体を起こしてあげ、昼寝をするときは長時間ねないように気をつけてください。睡眠の1時間から二時間前に入浴し、夜の十時にはお布団に入ってしまいましょう。

夜勤というのはハードでヘビーなことですが、看護師である以上止めることは難しいです。うまく夜勤と向き合っていけるよう、自分に合った工夫ができるといいですね。

ページの先頭へ